忍者ブログ

<<04 * 05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  06>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

むかしむかし、釣りの好きな猫がおりまして。
確かまだシーフをやってたころですね。サポでスニークは使えたからおそらく45歳くらいのことかと思われます。
機船で、ネビムナイトでも釣っていたんでしょう。わたしの太公望の70%は黒インクでできています。
海賊が出て、砂の護符が欲しかったのね。無謀にも斬りかかったわけですよ。
今なら一匹だけ釣ってキャビンの裏にでも連れ込むところですが、当時はそんな知恵もなく、甲板で殴って生命感知にひっかかって、ぼこぼこにされたというわけで。
ちなみに骨に突耐性があるなんてこともよく知らなかったですね。練習相手を鵜呑みにしたらまったくそうではなかったのです。
もうだめニャ、と覚悟を決めたのですが、なんとそんな猫に親切にもケアルを下さったエル赤さんとタルタルさんががおられました。
救援の一つも出せばいいものを、ファビョった挙げ句に人様のケアルを頂いてたった一匹やっと倒した骨から護符出るし。
凹む猫にお二人ははPTを組んで下さり、しばし竿を並べて楽しく釣りを致しました。
それからもたまに、お二人をお見かけすることがありました。お話をする機会はなかったのですがいつも一緒のお二人に、ときどき手を振ってみたりして。
でもまさかこんなところで、あのときと同じ状況になろうとは!

裏サンド。珍しく忍者がわたししかいないので、緑目マラソン担当になりました。
サンドも初めて。マラソンも初めて。
先輩忍者さんたちは座って避けたりする人もいて、そこそこ避けられる相手なのかなと思っていたのでとにかくやってみましたがそんなことは全くなく、さっぱり避けられませんよ。タゲ取れないと話にならないので敵対装備ぱつんぱつんの中で、とりあえず持ってるだけの回避装備を着込んでも2割避けられないというか装備変える余裕がないというか。隔が長いせいでなんとか蝉がまわります。ガ系が来ると冷や汗が出ます。
近付くとほかの人たちをガ系に巻き込むし、狭いところだとやりにくいので、モグ前の噴水をくるくる回ってちょっと楽をしていたら、なんだか再ポップに巻き込まれて死ぬしー。
再ポップなんてそんなんしるかー(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻
常に常に、ここにいていいんだろうか、持ってこいログを見落としてないだろうか、生まれてすみません、生きててすみません、死んじゃってすみません、と精神的にも蝉的にもギリギリの戦いにw
そんな地獄のおにごっこに付き合ってくださったヒーラーさんは、なんとあのエル赤さんとタルタルさんそのひとなのでした。
ああっそんなヘイストまで・・・(らくー)。
すいませんすいませんすいません・・・。

今の裏LSに入ったときにメンバー表の中にお名前を見付けて、またお話できるのを楽しみにしていたのですが、それより先にケアルやヘイストをたくさん頂きました。
担当外なのに(!)ありがとうございました。
しかし機船が裏サンドに変わってもやってることは大して変ってないですね!
凹む一方で嬉しくもあり。
まだまだ冒険はこれからなのですよ。

余裕なさすぎで指示や励ましの裏tellにも返事もできないので、とりあえず次回から、
・風杖と、疲れたとき用のバットピアスセット持参
・ヴァナモンのポップマップをひらいておく
・着替えマクロ作成
かにゃー。
対策後手後手でかっこわりいですがまあ一つずつ潰していこうと思いますとほほ。

PR
水と緑あふれる我が祖国。いつでも空が見えるし音楽も耳に優しいし。
でも、やれ広すぎだの地形がややこしいのモグ-競売間が遠いのと言われ、倉庫キャラ作りには最も評判の悪いウィンダスです。が、倉庫の故郷には実は一番おすすめデス。
理由は英雄になりやすいから。バス2位以上のときに商業区楽器店で買えるコルネットを、ウィン石の区でマンドラゴラを研究するヨラン-オーラン博士に売りつければ、ぐんぐんセレブになれるというしくみ。全く素の状態でも100ほど売りさばけばいけるのではないかと思われます。購入219ギル、売却200ギルなので殆どお金もかかりません。てか、バスの名声の高いキャラクターで買えばむしろ儲かる。え、せこすぎる? そうでしゅか・・・。
でもバスと違ってマラソンしなくていいし(球根主婦は要エリチェン)、サンドみたいにコウモリの翼やらトラの牙やらでむっちゃ金かかるわけでもないし、いいと思うんですけど。
そんなわけで誕生以来ずっとウィン国民をやってるわたし。祖国の地理にはある程度は詳しかったつもり。なんだけど・・・。
わーーーーーーーーーーぉ。わーーーーーーーーーぉ。
はいはい。闇王テーマソングがかかっているということはここは裏ウィンですね。石の区が戦場となっております。
北側の英雄の家前に坂があって、くだると橋の下をくぐってトライマライ水路に入れる水呼びの扉前に抜けるのですが、このちょっと特殊な地形が裏でこんなふうに利用されているとは知らなかったですにゃん・・・。
1.石像を釣って召喚ヤグをわかす
2.召喚獣を水呼び扉前に誘導、寝かせキープ
3.ヤグ本体は坂上で釣るか、または坂上まで誘導
この手順できれーに敵戦力を分断できちゃうのです。
ホント、裏戦術って洗練されてますねー。おもしろーい!
こういうの一から考えるのって楽しかっただろうなあー。実装当時から参加できてれば・・・と残念に思うことしきり。
今回はナイト足祭りで希望ナイトさん全員ゲットでした。おめー。
初参加の方がいらしたので、その人の持ってきたビギナーズラックが働いたと思われw
初参加用ブリーフィングはわたしも聞いてたのですが、裏全然行ったことない人にはわかりにくいかもしれないですね。たとえ少人数でも、裏LS参加前に少しでも入った経験があってホントに良かったなーと思いました。うむ。

あ、どもこんばんは。
今回はジュノ競売前よりお送りしております。
そして体力ゲージは0なのです。完璧に戦闘不能状態です。石畳がほっぺに当たって冷たいです。
なんでまたそんなところでちんでいるのかというと、ここが裏ジュノだからですね。
そういえば戦闘不能中なんで今は聞こえてませんが、BGMもいつもの脳天気な室内楽みたいなのと違っておったような気がします。
あーーーーーーーーーぉ。あーーーーーーーーーーーぉ。
なんだか黒いヒトデ状の物体が、よちよちというか、ガスガスというか、歩いてきたなと思ったら、見たこともないような数のゴブの群がぐわわーーーーっとやってきて、あれよ、と思う間もなく撲殺されたのです。
いや、マジで初めて見ましたあんなゴブの海。うっはーたのしーwww
実はもももは裏は今日で3回目、しかも前2回はLSメンと10人くらいでちょこっと入ったことがあるだけなのです。いわゆる裏LSの参加はまるで初めて、バリバリ初心者なのでもうなにがなんだかよくわからん状態なのですが、周囲の会話から察するに、囮の引いてきた目当ての石像以外に抜き役が感知されたという、抜きミスという状態のようですね。
前回入ったときに詳しいLSメンに「囮ってなーに?」って聞いてなければ本気で状況が把握できないとこだった。えらいぞ俺。
それにしても実装まもない頃は、ジュノや三国の町中にいきなり死体がわらわらわいたりしてなんじゃこりゃと思ったものですが、現在ではもうすっかり戦術も洗練されておりますね。盾PT配属の私は敵対装備を着込んで赤さんの寝かしつけた石像やゴブに必死で挑発やらなにやら入れていたのですが、起きても赤さんすぐ寝かしちゃうし、そんなに待たずにアタッカーさんたち飛んでくるし、役に立ったかどうかは正直疑問ですにゃー。
にゃーかよ!
まあ反省としては、
 ・長く寝かしておくジョブのゴブ優先
 白と召喚と忍者はあとまわしでモンクと獣使いは要注意よ、というのはなんとなく知ってたので、一応VanaMonのページを開けてゴブのジョブは確認できるようにしておいたのですが、いかんせん他の順番が把握できてないので挑発いれたてのゴブから先に攻撃されまくり。
 ・複数いたとしても一匹に集中する
 せめて集中しないとぬんじゃのカスのようなタゲとりアビではスリプルのヘイトに勝てませんー。殴ったら起きるしねー。
という感じかしら。
忍者としては挑発、バーサク、ウォークライなど戦士用アビと弱体遁術くらいしかできることがないのが辛いところですね。
あとチャットフィルタも少なくとも与ダメ被ダメあたりは完全にフィルタしちゃっていい感じですね。どうせ流してても読めないし。

そうこうしているうちに白さんたちがリレイズで起き上がり、立て直したと思ったら黒さんの泉でボス瞬殺されてました。
そういえばクリア条件全然知らなかったデス(ボスの死に場所にわく???をタゲる)www

しかし何が一番怖かったかといえば、カバンの中にはなにやら忍者と詩人のAF2足装備が入っていたことですな。
忍者AF2希望しててロットしたら230くらいしか出なかったのになんだか勝ってしまい、その後出た詩人がフリーだというのでロットしたらこれも勝っちゃったのです。
完全なビギナーズラック状態に喜ぶより先にビビりまくるわしでございました。
まあ両方ともすぐにも履けるので【許してください。】・・・。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 光曜日風曜日 All Rights Reserved