忍者ブログ

* admin *  * write *  * res *
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

むかしむかし、釣りの好きな猫がおりまして。
確かまだシーフをやってたころですね。サポでスニークは使えたからおそらく45歳くらいのことかと思われます。
機船で、ネビムナイトでも釣っていたんでしょう。わたしの太公望の70%は黒インクでできています。
海賊が出て、砂の護符が欲しかったのね。無謀にも斬りかかったわけですよ。
今なら一匹だけ釣ってキャビンの裏にでも連れ込むところですが、当時はそんな知恵もなく、甲板で殴って生命感知にひっかかって、ぼこぼこにされたというわけで。
ちなみに骨に突耐性があるなんてこともよく知らなかったですね。練習相手を鵜呑みにしたらまったくそうではなかったのです。
もうだめニャ、と覚悟を決めたのですが、なんとそんな猫に親切にもケアルを下さったエル赤さんとタルタルさんががおられました。
救援の一つも出せばいいものを、ファビョった挙げ句に人様のケアルを頂いてたった一匹やっと倒した骨から護符出るし。
凹む猫にお二人ははPTを組んで下さり、しばし竿を並べて楽しく釣りを致しました。
それからもたまに、お二人をお見かけすることがありました。お話をする機会はなかったのですがいつも一緒のお二人に、ときどき手を振ってみたりして。
でもまさかこんなところで、あのときと同じ状況になろうとは!

裏サンド。珍しく忍者がわたししかいないので、緑目マラソン担当になりました。
サンドも初めて。マラソンも初めて。
先輩忍者さんたちは座って避けたりする人もいて、そこそこ避けられる相手なのかなと思っていたのでとにかくやってみましたがそんなことは全くなく、さっぱり避けられませんよ。タゲ取れないと話にならないので敵対装備ぱつんぱつんの中で、とりあえず持ってるだけの回避装備を着込んでも2割避けられないというか装備変える余裕がないというか。隔が長いせいでなんとか蝉がまわります。ガ系が来ると冷や汗が出ます。
近付くとほかの人たちをガ系に巻き込むし、狭いところだとやりにくいので、モグ前の噴水をくるくる回ってちょっと楽をしていたら、なんだか再ポップに巻き込まれて死ぬしー。
再ポップなんてそんなんしるかー(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻
常に常に、ここにいていいんだろうか、持ってこいログを見落としてないだろうか、生まれてすみません、生きててすみません、死んじゃってすみません、と精神的にも蝉的にもギリギリの戦いにw
そんな地獄のおにごっこに付き合ってくださったヒーラーさんは、なんとあのエル赤さんとタルタルさんそのひとなのでした。
ああっそんなヘイストまで・・・(らくー)。
すいませんすいませんすいません・・・。

今の裏LSに入ったときにメンバー表の中にお名前を見付けて、またお話できるのを楽しみにしていたのですが、それより先にケアルやヘイストをたくさん頂きました。
担当外なのに(!)ありがとうございました。
しかし機船が裏サンドに変わってもやってることは大して変ってないですね!
凹む一方で嬉しくもあり。
まだまだ冒険はこれからなのですよ。

余裕なさすぎで指示や励ましの裏tellにも返事もできないので、とりあえず次回から、
・風杖と、疲れたとき用のバットピアスセット持参
・ヴァナモンのポップマップをひらいておく
・着替えマクロ作成
かにゃー。
対策後手後手でかっこわりいですがまあ一つずつ潰していこうと思いますとほほ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 光曜日風曜日 All Rights Reserved